読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オレンジが「4つ星」の納得価格 | マルコム・マクダウェル

キューブリックの全身全霊を打ちこんで作り上げたカルト映画の傑作ではなかろうか。衝撃の近未来映画です。この時代にこんな作品があったなんて衝撃です!ポイントで購入できたのでよかったですずっと購入しようか迷ってたのでポイント切れる10分前に買っちゃえ!!で買ってしまいました送料無料なのでよかったですこれでいつでもまたこの映画が観れるーあまりにも有名な作品ですが、なぜか観てなかった。

コレです♪

2017年04月02日 ランキング上位商品↑

オレンジ マルコム・マクダウェル時計じかけのオレンジ [ マルコム・マクダウェル ]

詳しくはこちら b y 楽 天

かなり古い映画のはずですが、それはまったく感じない作品でした。ある意味喜劇的な作品ともいえるこの物語は、暴力性とエロスに満ちた当時の若者たちそのものを表しており、そのリーダーの逮捕、そして更生のための洗脳の姿をコミカルに描いた作品であると同時に、この未来を先取りした描写は、キューブリックの2001年宇宙の旅と同様なにかを暗示しているような、そんな問題作ではないでしょうか、つまり観賞を反芻することによって、その本質が見えてくるはずである。原作はアンソニー・バージェスの同名小説。きっかけっていろいろですね。当時の不良少年たちの暴力さえ、今となってはしごく当たり前の行為に見えてくるのも不思議である。そしてこのスピード感あふれる映像は!今見ても全く色あせない。1971年公開の映画ですが、古さをあまり感じません。衝撃的な画像が写ります、社会に対する批判を含んでいるのですが、鑑賞後は気持ち悪いと言うか考えさせられる疲れる映画です。Wikiにストーリーが結末まですべて載っているのでそれで済ませられる人はそれで善いですが!百聞は一見に如かず。後味の善いものではないはずですが、繰り返し観てみたくなる映画でした。1月に舞台をみにいくので予習用に買いました。舞台を先に観て、復習の為購入しました。近未来社会におけるイギリスのレイプとバイオレンスをテーマに、それを生きがいとする不良青年たちの姿を描いた作品です。懐かしの映画。。舞台観劇関係なく、オススメできます。